本文へ移動

【巨人】10勝左腕・高橋優貴がまさかの3発5失点KO 防御率0.45と得意の中日打線についに捕まる

2021年9月10日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回、降板する巨人・高橋

5回、降板する巨人・高橋

◇10日 巨人―中日(東京ドーム)
 巨人にとっては、まさかの展開となった。リーグトップタイの10勝を挙げている先発の高橋優貴投手(24)が、4イニング3分の1、5失点でKOされた。
 初回、先頭の京田に初球を本塁打を浴びてリズムが狂った。2回には福田に本塁打、木下拓に左前適時打を許し、5回には京田にこの日2本目となる2ラン。続く渡辺に中前打を浴びて降板した。
 試合前まで、引き分けを挟んで4連敗中のチームは9日のDeNA戦(横浜)で9回に3点を取って引き分けに持ち込んでいた。それだけに「昨日つくったいい流れを自分の投球で悪い流れにしてしまい、申し訳ないです」と声を落とした。
 中日戦は非常に相性が良かった。ここまで3試合に登板して3勝し、防御率はカード別で最もいい0・45。20イニングを投げて自責はわずか1だった。それが、この日は5失点。中日打線についに捕まってしまった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ