本文へ移動

【FC東京】“死のロード”終え、2カ月半ぶり味スタ帰還も…MF東慶悟が危惧すること「一昨年は…」

2021年9月10日 19時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
約2カ月半ぶりの本拠地戦に向けて意気込みを語ったMF東=小平グラウンドで(FC東京提供)

約2カ月半ぶりの本拠地戦に向けて意気込みを語ったMF東=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京のMF東慶悟(31)が10日、約2カ月半ぶりの本拠地・味の素スタジアムでの柏戦(12日)を前に「ここからもう一段ギアを上げたい」と意気込んだ。東京五輪期間のアウェー7連戦を戦い抜き、青赤が6月27日の大分戦以来となる“わが家”に帰ってくる。
 5日のルヴァン杯準々決勝は、湘南の本拠地・レモンガススタジアム平塚を借りてのホーム戦。それでも、東京サポーターの後押しを受け、東は「心強さを感じた。それを力に変えられるようにしたい」と感謝した。
 “死のロード”は抜けた。しかし、ひと息つく暇はない。「一昨年はアウェーの連戦から帰ってきて失速した。そうならないように、ホームに帰ってきてギアを上げていかないといけない。柏戦は、その大事な初戦になる」
 優勝争いを演じた2019年はアウェー8連戦後のラスト3試合を1敗2分けと失速し、2位に終わった。ここからはホーム4連戦。頼れる主将は「あらためて戦う姿、元気な姿を見せたい」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ