本文へ移動

[名古屋ウィメンズマラソン]「次の五輪はおまえで行く」と4年前から約束…一山麻緒の師匠・永山監督「転ばなければ行けると確信していた」

2020年3月8日 19時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールしてワコールの永山忠幸監督(右)のもとへ駆け寄る一山麻緒

ゴールしてワコールの永山忠幸監督(右)のもとへ駆け寄る一山麻緒

 名古屋ウィメンズマラソン(中日新聞社など主催)で優勝した一山麻緒(22)が所属するワコールの永山忠幸監督(60)からすれば、この日の好タイムは想定の範囲内。スタートラインに立った時点で東京五輪代表をつかむ十分な手応えがあった。
 「2時間21分は切れると思っていた。米アルバカーキの高地で松田選手のタイムを上回る練習ができていましたから。イメージとしては『転ばなければ(東京五輪に)行ける』と自分の中で確信していた」
 唯一、自信が揺らぎかけたのは27キロすぎ。それまで1キロ3分20秒前後で快調に刻んでいたペースが、3分29秒まで落ちた瞬間だ。大阪国際女子で2時間21分47秒を出した松田瑞生のラップタイムから約40秒遅れ、ここが勝負どころだとアクションを起こす。待ち構えていた29キロ付近で「行けるなら行け!」と絶叫。すると一山はそこから再びギアを上げ、30キロからは1キロ3分14秒前後の好ラップを連発し、2時間20分29秒でゴールした。
 「(五輪代表の)確信は90%あったが、あそこからペースが落ちると届かない。逆にあそこから上げられたことで最後に力まず勝負できた」
 2016年に入社したばかりの一山に一目ぼれし「次の五輪はおまえで行く」と4年前から約束していた。
 「福士を初めて見たときと同じ勘。福士と同じで与えられたメニューに臆さず取り組むし、練習でポカがない。五輪は一山と行く、という思いが私の頭の中に常にあった。約束は果たさないとね」
 まだまだ底を見せていない未完の大器。「彼女は鬼メニューと言うが、私のやりたいメニューは100%やらせていない。今日の結果を自信に、今後どれだけ私の練習メニューに取り組んでくれるかです」。5度目の五輪に挑む永山監督も大きな期待を抱いている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ