本文へ移動

「しっかり予防したい」帰国した卓球・石川佳純が感謝 国境を越えた“マスクの恩返し”を受けた理由とは…

2020年3月9日 01時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスクをつけて取材を受ける石川

マスクをつけて取材を受ける石川

 卓球のカタール・オープン(8日閉幕、ドーハ)から東京五輪の女子日本代表、石川佳純(27)=全農=が羽田空港に帰国。出発前はマスク不足に困っていたが、多くの中国人ファンが国内の事務所に届けてくれたことに感謝していた。

 以前、日本より先にマスク不足が深刻となった香港の選手にマスクを譲った行為が、中国などで絶賛された石川。「中国のファンの皆さんがすごく心配して下さって、送ってくれて。(合計)100枚くらいあるんで、しっかり予防したい」と国境を越えた“マスクの恩返し”を喜んだ。

 今大会は新型コロナウイルス対策が今まで以上に厳重となり、開幕前には日本選手団に鼻の粘液を採取するウイルス検査も行われた。試合での選手同士の握手やボール交換もなかった。「海外でも拡がっている。もっと強い意識で防がないと。うつしてもうつされてもいけない」と強調した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ