本文へ移動

高市早苗前総務相、憧れは『”鉄の女”サッチャー』にネット動揺「サナエノミクスと真逆」「金持ち優遇政治家じゃん」

2021年9月10日 12時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高市早苗前総務相

高市早苗前総務相

 自民総裁選に出馬表明した高市早苗前総務相(60)が10日、日本テレビ系「スッキリ」にスタジオ出演。憧れる政治家はイギリス初の女性首相で「鉄の女」の異名を持ったマーガレット・サッチャーだとPRした。
 番組では高市の経歴に続き、目標とする政治家として「マーガレット・サッチャー」と紹介。以前、シンポジウムにサッチャー元首相を招いた経験があるとし「イメージどおり、非常に強い信念を持って厳しいこともおっしゃるんですけども、とっても温かい女性特有の優しさも持っておられて、そこが大好き」と人柄の魅力を語った。
 続いて「一時的に国民の皆さまに不人気な政策があっても『これが国家のために必要だ』と思ったら信念を持って取り組む。その代わり、国民の皆さまに一生懸命説明してこられたという姿勢が大好き」と熱弁をふるった。
 さらに「わたしは決して申し上げませんが」と前置きした上で、当時、累進課税が高く富裕層の税負担が大きかった英国で「金持ちを貧乏にしても、貧乏人は金持ちにはならない」と話したというサッチャー元首相の言葉を紹介。「かなりキツイ言葉でございますが、むしろ一生懸命働く方のモチベーションを上げていこう」と国民の士気を上げたとして意図を説明した。また自分との共通項は、友人が少ない点だと話し、笑いを誘った。
 ネット上では「サッチャーは鉄の女 高市早苗は鋼の女 政治家として迫力あるし 政治理念が、とてもわかりやすい」と好意的に受け止め応援する声も。ただその一方「金持ち優遇政治家じゃん  コロナや新自由主義によって困窮した国民へはことごとく冷たい思想だ」「格差拡大を是としている」「なんでこの言葉紹介しようと思ったんだ。恐怖」「サッチャー尊敬とサナエノミクスと真逆」と困惑し、動揺する声も散見された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ