本文へ移動

赤穂選手コーナー設置 七尾市図書館 サイン、関連本並ぶ

2021年9月10日 05時00分 (9月10日 10時41分更新)
職員が手作りした赤穂ひまわり選手の似顔絵などが並ぶコーナー=七尾市立図書館で

職員が手作りした赤穂ひまわり選手の似顔絵などが並ぶコーナー=七尾市立図書館で

 東京五輪で銀メダルを獲得したバスケットボール女子の赤穂(あかほ)ひまわり選手(23)=七尾市大田町出身=を祝福しようと、同市立図書館は、赤穂選手のサインやバスケを題材にした図書などを紹介するコーナーを設けている。三十日まで。
 職員が色画用紙を切り貼りして首から銀メダルを掛けた赤穂選手の似顔絵パネルを作ったほか、五輪を取り上げた雑誌やバスケ解説本などをまとめて展示。赤穂選手のサインは図書館の利用者から提供されたという。
 担当者は「七尾はもともとバスケが盛んな地域。本当に元気、感動をもらえた。大会が終わり五輪ロスの人もいると思う。ぜひ見てほしい」と話している。
 赤穂選手は全六試合に出場し、攻守に活躍。県は功績をたたえ、スポーツ特別賞を贈る方針を示している。(稲垣達成)

関連キーワード

PR情報