本文へ移動

【福井】自宅療養の可否を判断 県、6医療機関にセンターを設置

2021年9月10日 05時00分 (9月10日 05時00分更新)
 新型コロナウイルスの感染者が急激に増加し、入院・宿泊療養施設の空きが少なくなった場合に備えて県は、自宅療養が可能かどうかの医療的判断をする「メディカルチェックセンター」を県内六つの医療機関に設置した。九日の県議会本会議の代表質問で、野田哲生議員(民主・みらい)が自宅療養者が出た場合の対応を質問し、杉本達治知事が明らかにした。県内全域でこのような取り組みをするのは全国で初めてという。
 六日から試験的に運用を始めており、今後、患者が急増した場合、本格的に活用する。PCR検査で陽性となった患者がセンターで血液検査やコンピューター断層撮影(CT)による画像診断を受け、医師が入院か自宅療養かを判断する。自宅療養者には、保健所職員が毎日電話をかけ、容体を把握する。
 センターでの検査対象となるのは三十歳以上の人。自宅療養の判断は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報