本文へ移動

関西学生野球も延期4月18日開幕を目標 開会式は中止、試合は2回戦方式、タイブレーク、無観客も検討

2020年3月25日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見する関西大学野球連盟

会見する関西大学野球連盟

 関西学生野球連盟は25日、新型コロナウイルス感染の拡大を受け、大阪市内で臨時常任理事会を開き、春季リーグ戦の開幕を4月4日から同18日を目標に延期すると発表した。すでに発表済みの日程から、同4日からの第1節、11日からの第2節を飛ばして、第3節から始める意向。同リーグ発足から開幕延期は初めて。
 また、開幕を遅らせることから、5月末の閉幕まで日程が短縮されるため、1日に3試合を行う日もあるという。これも同リーグ初めて。村山嘉男理事長(78)は、通常の3回戦方式の勝ち点制ではなく、2回戦方式の計10試合の勝率で優勝を決めることもありえると話した。
4月6日に再度、臨時常任理事会を開き、新たな日程を作成する予定だ。
 なお、4月18日に開幕した場合でも開会式は中止。試合形式も通常は採用していないタイブレーク制の実施と「無観客試合」も検討する。現在同大はオープン戦を自粛している状況という。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ