本文へ移動

北京五輪陸上400mリレー銀の塚原直貴さんコロナ感染「拡大防止へ認識して頂きたい」氏名公表申し入れ

2020年3月31日 21時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
塚原直貴さん

塚原直貴さん

 富士通は31日、同社陸上競技部アドバイザーで北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの塚原直貴さん(34)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。五輪メダリストで感染が確認されたのは日本では初めて。
 同社によると、塚原さんは3月28日9時ごろから16時ごろまで、三重県鈴鹿市で行われた陸上教室に講師として参加したが、同日午後6時ごろに発熱と体調不良を訴え県内の病院で診察を受けた。29日になっても熱が下がらずPCR検査を受けたところ、30日に感染が確認された。現在は保健所指導の下、指定医療機関に入院しているという。また、塚原さんが23~25日に出社した富士通川崎工場(川崎市中原区)も保健所指導の下で消毒したという。
 塚原さんは「自分の感染をお知らせすることで陸上競技関係各位をはじめ、多くの皆さまに感染拡大防止に向けた取り組みの重要性をあらためてご認識頂けるのであれば公表したい。また、自らの感染による皆さまへのご迷惑を最小限に止めたい」と、氏名も含め公表を申し入れたという。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ