本文へ移動

【中日】代打福田が勝ち越し弾!広島に競り勝ち4位再浮上 前夜に大炎上したライデルはきっちり抑える

2021年9月8日 20時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表1死一塁、代打福田が2ランを放つ

7回表1死一塁、代打福田が2ランを放つ

◇8日 広島1―4中日(マツダスタジアム)
 中日が接戦を制し、4位に再浮上。負ければ最下位転落の可能性もあった一戦で、敵地の広島戦で引き分けを挟んで続いていた連敗も5で止めた。
 チームの9月初本塁打が、最高の場面で飛び出した。1―1の7回1死一塁、福田永将内野手(33)が代打で勝ち越し2ラン。広島の先発・玉村の真ん中高めに浮いたチェンジアップを、逃さずフルスイングして左翼席にたたき込んだ。
 投げては先発・松葉貴大投手(31)が、今季自身最長タイの6イニングを1失点と好投して3勝目。7日に5失点で負け投手となった守護神ライデル・マルティネス投手(24)が最後の1イニングをきっちり締めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ