本文へ移動

本田圭佑、W杯2年ごとの開催案に「運営の大変さはあるとは言え、賛成」ベンゲルが提唱も欧州サッカー連盟は反対

2021年9月8日 16時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑

本田圭佑

 サッカー元日本代表MFの本田圭佑(35)が8日、自身のツイッターを更新。4年ごとに開催されるワールドカップを2年ごとに間隔を短縮する案が国際サッカー連盟(FIFA)で検討されていることに賛同した。
 「ワールドカップを2年に1回の開催。運営の大変さはあるとは言え、賛成」とした。仏スポーツ紙レキップによると、FIFAのアーセン・ベンゲル・グルーバル開発ディレクターが2年ごとの開催を改めて提唱。「原則として毎年、グループ予選をして、その年の終わりにワールドカップか大陸選手権の主要大会を行う」としている。
 ただし、欧州サッカー連盟などは反対の姿勢を示し、現行の4年ごとの開催を支持している。開催の間隔が短くなることで選手が全盛期で活躍できる機会が増えるというメリットもある。
 本田はアゼルバイジャン1部のネフチ・バクーを6月で退団。現在は所属先がない状態となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ