本文へ移動

吉田博・足立源一郎「最高峰」の山岳画 安曇野山岳美術館で二人展

2021年9月8日 05時00分 (9月8日 15時41分更新)
「マタホルン山」(右から2枚目)など吉田と足立の作品が並ぶ会場=安曇野市穂高有明の安曇野山岳美術館で

「マタホルン山」(右から2枚目)など吉田と足立の作品が並ぶ会場=安曇野市穂高有明の安曇野山岳美術館で

 風景画の第一人者として知られる吉田博(1876〜1950年)と、日本近代山岳画の先駆者と評される足立源一郎(1889〜1973年)の作品を紹介する「山岳画最高峰二人展」が、安曇野市穂高有明の安曇野山岳美術館で開かれている。10月6日まで。(大塚涼矢)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧