本文へ移動

「歓声の中でシュート打ちたい」金丸晃輔6年ぶり代表復帰手応え Bリーグ三河が動画掲載

2020年4月3日 18時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
思いなどを語った金丸=シーホース三河提供

思いなどを語った金丸=シーホース三河提供

 バスケットボール男子、Bリーグの三河は3日、公式ホームページに選手らのインタビュー動画を掲載した。東京五輪出場を目指す金丸晃輔(31)はリーグ途中終了への思いや、今年約6年ぶりに復帰した日本代表での手応えを語った。
 Bリーグは3月27日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため今季の終了を発表した。インタビューは同日に撮影されたもので、金丸は「素直な気持ちは残念。個人的に調子が上がっていて、チームの状況も良かったので、もうちょっとやりたいというか試したかった。だから余計に残念です」と心境を語った。
 今季は1試合で3点シュート11本連続で成功し、リーグタイ記録を達成。65本連続フリースロー成功など、高いシュート成功率を誇った。「序盤はなかなかうまくいきませんでしたが、中盤からチームでバスケットができるようになり、その流れで僕の調子も上がっていきました。代表合宿で刺激を受けたのも上向いた要因かなと思います」。日本代表では年明け最初の国際試合となったアジア・カップ予選の台湾戦(2月24日、台湾)で、チームトップタイの17得点を挙げて勝利に貢献した。
 リーグが無観客で再開した3月14、15日については「無観客試合を経験し、あの寂しい空間でバスケットはやりたくないと思いました」と受け止め、「これからも皆さんの歓声の中でシュートを打ちたいと思っています」。最後はファンへの感謝の気持ちを込めて締めくくった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ