本文へ移動

「ひきこもり」の悩みに電話相談会 9、10日に県内8団体

2021年9月8日 05時00分 (9月8日 17時18分更新)
 新型コロナウイルスの影響などで、ひきこもり状態にある人や家族らを支援しようと、県社会福祉協議会など県内の八団体が九、十の両日、午前九時〜午後六時に「ひきこもり一斉電話相談」を開く。活動のPRも兼ねて二〇一九年に開始。これまで計四回実施し「どのように本人と接すればいいか」「どうすれば就労できるのか」「どこに相談すればいいのか」など、家族や本人らから計九十件の相談が寄せられた。
 初日は八団体、二日目は三団体が参加し、社会福祉士や精神保健福祉士、ベテラン相談員らが相談に応じる。県社協の武村絹子グループリーダーは「かけやすいと思った所に電話してほしい」と呼び掛けている。
 県社協では毎週木曜の正午〜午後六時にも電話相談を受け付けている。 (堀尾法道)
 ◇電話相談の窓口(※は9日のみ) 県社協=077(526)7031▽大津市社協=077(526)5316▽※彦根市社協=0749(22)0294▽※守山市社協=077(583)2923▽甲賀・湖南ひきこもり支援「奏」=0748(75)0242▽※甲賀市社協=0748(62)8085▽※野洲市社協=077(589)4683▽※つながり応援センターよ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧