本文へ移動

<わが街ぶらり探訪> 犬山の「若い太陽の塔」

2021年9月8日 05時00分 (9月8日 11時34分更新)
高さ26メートルの「若い太陽の塔」。展望台からは濃尾平野を見渡せる=犬山市犬山の日本モンキーパークで

高さ26メートルの「若い太陽の塔」。展望台からは濃尾平野を見渡せる=犬山市犬山の日本モンキーパークで

  • 高さ26メートルの「若い太陽の塔」。展望台からは濃尾平野を見渡せる=犬山市犬山の日本モンキーパークで
  • 若い太陽の塔の近くには岡本太郎の言葉も残る=犬山市犬山の日本モンキーパークで
  • 万博記念公園に立つ、岡本太郎の代表作「太陽の塔」。高さは70メートルある=大阪府吹田市で
 犬山市街地を望む山の上にある「若い太陽の塔」。芸術家岡本太郎(一九一一〜九六年)の作品で、日本モンキーパーク内にある。大阪万博開催一年前の六九年に造られ、かの有名な「太陽の塔」とは兄弟に例えられる。犬山に来てからよく目にするが、それ以上のことは聞かない。さらに詳しく知りたく、街のシンボルの一つを訪ねた。 (水越直哉)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧