本文へ移動

競泳の五輪代表選考会、来年4月開催目指す 日本選手権は代表選考会とせずに12月ごろ

2020年4月15日 14時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京アクアティクスセンター

東京アクアティクスセンター

 日本水連は14日、常務理事会をテレビ会議方式で行い、競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権について来年4月に8日間での開催を目指すと発表した。今年4月上旬に予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で取りやめとなり、東京五輪の延期を受けて対応を検討していた。
 いったん中止を決めた本年度の競泳日本選手権は代表選考会とせずに12月ごろに3~4日間の日程で開催を目指す。会場はいずれも五輪で使用する東京アクアティクスセンターを軸に調整する。同じく中止となっていたジャパンオープンは2021年2月ごろの開催を目標とし、これも代表選考会とはしない。
 競泳男子200メートル、400メートル個人メドレーで東京五輪代表に内定している瀬戸大也(ANA)の内定維持も改めて確認。アーティスティックスイミング(AS)で既に五輪代表に選ばれていた乾友紀子(井村ク)ら8人も変更しない。飛び込みで男子の寺内健(ミキハウス)ら代表権を得ていた4人については、未発表の国際水連(FINA)の方針を待って協議する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ