本文へ移動

【中日】高橋周 食らい付き適時打 広島・森下KOきっかけつくる「打球少しずつ上がり始めています」

2021年9月8日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋周が中前に適時打を放つ

高橋周が中前に適時打を放つ

◇7日 広島8x―7中日(9回サヨナラ、マツダ)
 中日・高橋周が広島先発・森下ノックアウトのきっかけをつくった。2点を追う4回2死満塁。変化球に食らい付く中前適時打を放った。
 「ランナーをかえせて良かったです」。カウント2―2からの5球目。外角低めチェンジアップをとらえ、5試合ぶり打点をゲットした。
 存在価値を取り戻す9月にする。連続試合安打は7に伸ばし、8回先頭の右前打で3試合連続マルチ安打とした。スタメン復帰後の6試合では24打数10安打、打率4割1分7厘。2割3分7厘まで落ち、ベンチを温めた日々からの脱却。シーズン打率も2割5分1厘へ戻した。
 バットを寝かせて構え、ミート中心のスイング。手応えを感じているのは打球角度という。
 「打球は少しずつ上がり始めています。練習ではだいぶイメージしている打球がいくようになりました。試合ではどんなヒットも出ないより、出た方がいいです」。灯したHランプは心を軽くしてくれる。
 「残り試合、自分のできる事をやるしかないです。しっかり準備します」。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ