本文へ移動

GACKT、持病の神経系疾患悪化で一時重篤だった…重度の発声障害も併発し無期限活動休止を発表

2021年9月8日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
無期限活動休止を発表したGACKT(グラブエンターテイメント提供)

無期限活動休止を発表したGACKT(グラブエンターテイメント提供)

 体調不良が心配されていた歌手のGACKT(48)が、持病の神経系疾患が悪化して一時重篤だったことが7日、分かった。重度の発声障害も併発しており、エージェント会社「グラブエンターテイメント」は同日、GACKTの無期限活動休止を発表した。今後は主治医がいる海外に戻り、持病および発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けて治療に専念する。
 GACKTは今年6~7月、自身の48歳の誕生日(7月4日)の前後10日間で4カ所6公演のバースデーライブツアーを開催。自身が率いるロックバンド「YELLOW FRIED CHICKENz」の楽曲や、客演した韓国出身のJポップシンガー、Kとお互いの楽曲をツインボーカルで披露するなど、パワフルなステージを届けていた。しかし、その後仕事で海外を回っている間に、体が悲鳴を上げたようだ。
 GACKTは体調不良を理由に、8月14日から3週にわたってニコニコ生放送の冠番組「GACKTと一緒に家呑み!!」(土曜午後10時)を中止。9月も生配信は行わず過去放送分からの再放送で対応することが公式ツイッターでアナウンスされており、ファンからは心配の声が上がっていた。
 エージェント会社によると、GACKTが8月6日に仕事先のキプロスから帰国後、本人から「体調が悪い」と連絡を受けた。しばらくして容体が急変。幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥ったという。
 「体調が悪化した状況が数週間続きましたが、体重は10キロほど落ちたものの現在の容体は安定しております。しかし、重度の発声障害を併発し現段階では声を発する仕事の続行は不可能と医師からの判断がございました」としている。
 主演を務め大ヒットした映画の続編「翔んで埼玉2(仮)」の製作は8月に発表されている。配給の東映によると、同下旬から既に撮影に入っているが、GACKTは9月上旬から撮影に参加予定で、まだクランクインしていないという。
 GACKTの体調が回復するまでは、撮影は一時中断となる。東映では今のところ、2022年公開に変更はないとしているが、GACKTの復帰が遅れるようだと公開の時期に影響が出る可能性がある。

◆GACKT(ガクト) 1973(昭和48)年7月4日生まれ、沖縄県出身。バンド活動を経て99年にソロ活動を開始。これまでにCDシングル48枚とアルバム19枚をリリース。音楽活動のほか、ドラマや映画、CMなどにも多数出演。NHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)で上杉謙信役を熱演し、映画「BUNRAKU」では米ハリウッドデビューを果たした。二階堂ふみとのW主演映画「翔んで埼玉」(19年)は興行収入37億円を突破する大ヒットとなり、第43回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞。アクションを得意としスノーボードや乗馬など趣味も多い。血液型はA。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ