本文へ移動

「アカウミガメ」田んぼアート色づく 浜松・南区寺脇

2021年9月8日 05時00分 (9月8日 05時02分更新)
「遠州灘に産卵するアカウミガメ」が描かれた田んぼアート=浜松市南区寺脇町で(ドローンで撮影)

「遠州灘に産卵するアカウミガメ」が描かれた田んぼアート=浜松市南区寺脇町で(ドローンで撮影)

 浜松市南区寺脇町で恒例の田んぼアートが色づき、訪れる人たちの目を楽しませている。
 地元の農家らでつくる「白脇田んぼアートの会」が、JAとぴあ浜松などの協力を得て五月末に田植えをし、育ててきた。十一年目を迎えた今年の絵柄は「遠州灘海岸に産卵するアカウミガメ」。水田近くの白脇小の児童たちからデザイン案を募り、会員たちが選んだ。
 田んぼの広さは約二千四百平方メートル。太陽や甲羅に「赤米」、頭の部分に「ピンク米」、文字に「緑モチ」、砂浜に「紫黒米」、背景などに「葵美人」をそれぞれ使用した。
 同会の山内正弘代表(80)は「九月下旬にかけて穂の色はどんどん変わっていく。そんな色の変化も楽しんでもらえたら」と話していた。
 刈り取りは十月上旬を予定している。(川戸賢一)

関連キーワード

PR情報