本文へ移動

米スポーツ界はまず無観客で実施へ…トランプ大統領が再開の見通しを言及「テレビ放送用のスタートとなるだろう」

2020年4月17日 17時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 まずは無観客―。ドナルド・トランプ米大統領は16日、毎日行っている新型コロナウイルス対策の記者会見で、無観客でスポーツが再開されるとの見通しを語った。ただし、再開時期は明言しなかった。米放送局FOXビジネス(電子版)が報じた。
「多くは無観客での、テレビ放送用のスタートとなるだろう。古き良き時代のテレビ放送用だ。そこからファンが来始める。たぶん一席おきに離され、そこから最終的にはアリーナを満員にしたい。ウイルスが去れば、アリーナは満員御礼となり、あるべき形でスポーツを再び楽しめるようになるだろう」
 トランプ大統領は各スポーツ界から首脳を招き、「オープン・アワ・カントリー」と名付けた臨時対策に顧問団を形成。メンバーは15日に初会議を開き、大統領が示した予見を提言した。顧問団の主なメンバーは、NFLからはグッデル・コミッショナーと、カウボーイズのジョーンズ・オーナー、ペイトリオッツのクラフト・オーナー。NBAのシルバー・コミッショナーや、総合格闘技団体UFCのホワイト代表らも名を連ねる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ