本文へ移動

明知鉄道HPに不正アクセス 顧客情報流出の可能性

2021年9月7日 20時18分 (9月7日 20時21分更新)
 岐阜県恵那、中津川両市の第三セクター、明知鉄道(本社・恵那市)は7日、同社ホームページ(HP)が不正アクセスにより内容を改ざんされ、延べ5488人分の顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。
 同社によると、個人情報(氏名と年齢、メールアドレス、電話番号)は、HPから食堂車を予約した4608人分と、HPを介して問い合わせをした880人分。
 2日にHPの管理会社からの指摘で改ざんが発覚し、システムを遮断。HPは7日に復旧した。被害調査の終了までの間、予約サイトを中止し、電話とメールのみで受け付けている。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧