本文へ移動

麻生副総理「コロナ収束」発言に蓮舫代表代行、菅首相の不出馬は「コロナ感染拡大に専任…収束したからでない」と見解の不一致を指摘

2021年9月7日 15時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立憲民主党の蓮舫代表代行

立憲民主党の蓮舫代表代行

 立憲民主党の蓮舫代表代行(53)が7日、自身のツイッターを更新。麻生太郎副総理兼財務相が同日に記者会見でした発言を引き合いに出し、麻生副総理と菅義偉首相との見解の不一致を指摘した。
 麻生副総理が閣議後の記者会見で「コロナはまがりなりにも収束」といった発言をしたというネットニュースを引用し、「収束した、との副総理の認識です」と新型コロナウイルスが収束したという見解を麻生副総理が持っていると主張。
 続いて「菅総理は総裁選不出馬について『コロナ感染拡大を防止するために専任したい』と説明していました。収束したから、ではありません」と訴え、菅首相が不出馬を決めた際の発言を並べて「収束した」との見解に疑問を投げかけた。
 ネット上では「本当に収束したと思っているなら緊急事態宣言をとっとと解除して欲しい」「支離滅裂」とこの指摘に同調する意見のほか、「収束はしている」と麻生副総理の見解に同意する声も見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ