本文へ移動

「みなさん外出自粛、目立つところでは乗れない…」自転車『世界女王』梶原悠未の“もがく”現在地

2020年4月29日 22時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝者のみに与えられるジャージー「マイヨ・アルカンシエル」を披露する梶原悠未=3月

優勝者のみに与えられるジャージー「マイヨ・アルカンシエル」を披露する梶原悠未=3月

  • 優勝者のみに与えられるジャージー「マイヨ・アルカンシエル」を披露する梶原悠未=3月
  • 中距離の女子オムニアムで梶原悠未が優勝=2月(AP)

練習拠点使えず、コーチ来日できず

 自転車トラック種目女子の梶原悠未(23)=筑波大大学院=は新型コロナウイルスが欧州で猛威を振るうようになる直前、3月1日までベルリンで行われた世界選手権のオムニアムで自転車全種目を通じて日本勢として33年ぶり、女子では初の金メダルを獲得した。五輪切符をほぼ手中に収めた直後に、大会の1年延期が決定。このほど本紙の電話取材に応じ、現状や五輪への思いを語った。

 梶原は現在、静岡県伊豆市で練習を重ねている。強化指定Aの選手は、五輪会場で日本代表の強化拠点でもある伊豆ベロドロームの近くに住むようにという日本自転車競技連盟の指示を受け、昨秋に茨城県つくば市から転居した。高校までは埼玉県内で祖父母、両親と一緒に暮らしていた23歳。「近所の人たちが本当に優しくて、子どもたちとも、すっかり友達になっちゃって。初めて『田舎』ができたような気持ちです」と笑った。
 新型コロナウイルスの影響による五輪延期。「オリンピックが延期や中止になるかもしれないという時は、焦りも不安もすごくありました。コーチと組んでいた『この時期はこういうトレーニングで』というようなプランも白紙になってしまって。どうなるかわからない時期が、今思うと、一番つらかったと思います」。1年後という新たな目標ができ、今は気持ちを切り替えられている。

 3月下旬に再来日予定だった米国在住のクレイグ・グリフィン・トラック中距離ヘッドコーチが来日できなくなり、ベロドロームや付帯するトレーニング施設も使用禁止になった。

それでも…超過酷な練習「楽しめています」

 自転車に乗ること自体は、集団走行をしない限り、比較的感染リスクは低い。たとえば都市封鎖(ロックダウン)を行う英国でも一日1回であれば、「単独あるいは家族との自転車走行」を外出禁止の例外に規定。それでも梶原は「みなさんが外出を控えている中、目立つところでは乗れないです」と、長距離走行は控え、自宅近くでの練習を中心にしている。
 「(世界選手権の)前は焦りもあって、それはそれで自分を追い込む原動力にもなったんですが、世界選手権を勝ったことで自信ができて、練習を楽しめています」
 その「楽しめている」という練習は、猛烈なものだ。ローラー台や自宅近くの坂で1時間から1時間半、終われば倒れ込んで30分動けなくなるほど追い込んだ練習を一日に2本、3本と繰り返している。

 「免疫を落とさない程度のトレーニングにしなきゃとは思っているんですけど、実際はあんまり実行できてなくて」。目標は、世界選手権後にも宣言した、五輪本番までに4倍、5倍強くなること。そのためにすべてを振り絞っている。
 そんな生活を支えるのは伊豆でも同居する母・有里さん。オートバイで先導して練習パートナーになっているほか、感染リスクのある日用品の買い出しも一手に担う。「食品を冷蔵庫に入れる前にも消毒するなどしています」と有里さん。まさに母との二人三脚だ。
 梶原が自転車競技を始めたのは16歳。それから7年で世界一になった23歳が、延期による1年間で五輪連覇のローラ・ケニー(27)=英国=ら年上のライバルたちより伸びる可能性は高い。「自分で記録を付けているんですけど、毎年力を伸ばすことができていて。また1年あればさらにレベルアップできると思います」。力強く宣言した世界選手権女王は、さらに強くなって2021年に臨む。

 ▼梶原悠未(かじはら・ゆうみ) 1997(平成9)年4月10日生まれ、埼玉県和光市出身の23歳。155センチ、56キロ。筑波大付属坂戸高から筑波大、同大学院。埼玉・和光三中までは水泳をしておりジュニアオリンピック出場経験がある。高校入学を機に自転車へ転向。競技歴約1年の2014年6月に全日本選手権ロードレース女子ジュニアを制し注目を集める。エリートでは高3で出場した16年アジア・トラック選手権スクラッチで優勝。翌17年に同オムニアム、ポイントレースで金メダル。今年3月の世界選手権オムニアムで初優勝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ