本文へ移動

発明くふう展と未来の絵画展 湖西市長賞に金子君と小浜さん

2021年9月7日 05時00分 (9月7日 05時02分更新)
金子琢一君の「自動うちわ」=湖西市駅南で

金子琢一君の「自動うちわ」=湖西市駅南で

  • 金子琢一君の「自動うちわ」=湖西市駅南で
  • 小浜朱音さんの「水質改善プランクトンカプセル」=湖西市駅南で
 湖西少年少女発明クラブが市内の小中学生から募集した、第三十八回湖西発明くふう展と、第二十七回湖西未来の科学の夢絵画展の優秀作品が決まった。それぞれ八十一点と百二十八点の応募があり、最高賞の市長賞にはそれぞれ岡崎小四年金子琢一(たかいち)君、岡崎中一年小浜朱音さんが選ばれた。 (鈴木太郎)
 発明クラブでは、小学生が工作を通して創意工夫を楽しみ、市出身の発明家・豊田佐吉の精神に触れる。夏休みの自由研究のタイミングで、クラブで学ぶ小学生以外からも幅広く集め、指導員や理事らが独創性や実用性などを審査した。
 それぞれ選定賞七点と佳作十点を選び、上位入選者の作品は県展に出品される。佳作以上の作品は八〜十四日に市西部地域センター(駅南)に展示され、選定賞の児童生徒は十月三十日の豊田佐吉翁顕彰祭で表彰される。
 金子君の「自動うちわ」は、モーターの回転を上下運動に変え、てこの原理を利用してうちわを自動で動かして風を起こす仕組み。小浜さんの「水質改善プランクトンカプセル」は、石油などを分解する微生物をカプセルに詰めたものを海中に入れ、原油が流出したタンカーの周辺を浄化する姿を絵で表現した。
 クラブの中村哲也会長は「自動うちわは単純に見えるが、合理的な動かし方を考えて設計するのは難しい。絵は新型コロナウイルスの流行や環境問題に関する題材が多かった」と評した。
 他の表彰者は次の皆さん。
 【発明くふう展】豊田佐吉記念館長賞 藤田充潤(知波田小4)▽教育長賞 立石翔(鷲津小3)▽発明クラブ会長賞 鬼石健吾(鷲津小2)▽湖西LC会長賞 豊田幸祐(岡崎小3)▽浜名湖JC理事長賞 宗賀結士(岡崎小1)▽浜名湖RC会長賞 小笠原和哉(新居小3)
 【未来の科学の夢絵画展】豊田佐吉記念館長賞 外山朋介(鷲津小4)▽教育長賞 藤田充潤(知波田小4)▽発明クラブ会長賞 田内椿百子(鷲津小5)▽湖西LC会長賞 後藤優奈(岡崎中1)▽浜名湖JC理事長賞 伊藤逞斗(東小6)▽浜名湖RC会長賞 田畑美宇(鷲津小3)

関連キーワード

PR情報