本文へ移動

飲食店も地域も元気に 坂井の学生ベンチャーが「割引システム」開発

2021年9月7日 05時00分 (9月7日 11時09分更新)
飲食店割引サービス「チケティファイ イート」を手掛ける高野さん=福井市の福井工大福井キャンパスで

飲食店割引サービス「チケティファイ イート」を手掛ける高野さん=福井市の福井工大福井キャンパスで

 コロナ禍の影響を受ける県内飲食店を応援しようとまちづくりの学生ベンチャー「チケティファイ」(坂井市)が飲食店の割引システムを開発した。地元企業が会員となって会費を払い、企業の福利厚生の一環として割引を使ってもらう考え。契約期間内は割引が何度でも使えるメリットがある。チケティファイ社長で福井工大環境情報学部四年の高野葵(あおい)さん(22)=坂井市=は「このサービスを通じて飲食店や地域の活性化につなげたい」と思いを語る。
 飲食店割引サービス「チケティファイ イート」は、千五百円で三百円引き、三千円で六百円引き、七千円で千五百円引きとなる。利用時にはカード状のパスを提示する。企業会員の会費は一年間有効のパスで一人当たり月額九百八十円。半年間有効のパスは月額千四百八十円。
 サービスには現在、福井市と坂井市の飲食店三十店舗が登録している。チケティファイが一店舗一カ月当たり上限一万五千円を補助し、飲食店の負担を軽減する。九月一日から十月二十五日までは第一弾として九店舗で開始し、十月二十五日からは十店舗が追加される。
 高野さんは、これまで飲食店を中心にホームページ(HP)制作やアプリ開発などを手...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報