本文へ移動

タリバン破壊壁画の復元模型も 東京芸大美術館で11日から企画展

2021年9月6日 16時00分 (9月6日 16時00分更新)
原寸大で復元されたバーミヤンの壁画「青の弥勒」((c)東京藝術大学COI拠点)

原寸大で復元されたバーミヤンの壁画「青の弥勒」((c)東京藝術大学COI拠点)

 中央アジアのガンダーラから、シルクロードを経て日本に伝わった「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」の石像や壁画を集めた「みろく−終わりの彼方(かなた) 弥勒の世界−」展が11日から、東京都台東区の東京芸術大学大学美術館で開かれる。10月10日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

文化の新着

記事一覧