本文へ移動

オカメインコ ♪曲の途中でも歌えます 人間以外で初、同調能力確認

2021年9月6日 05時00分 (9月6日 05時01分更新)
実験に登場したオスのオカメインコ

実験に登場したオスのオカメインコ

 歌まねが得意で知られるオウムの一種オカメインコは、楽曲の途中からでもタイミングを合わせて参加し、メロディーを一緒に鳴き声で奏でる能力があることを、愛知大の関義正教授(音響生物学)が実験で確かめ、米科学誌プロスワンに四日発表した。
 これまでオカメインコがメロディーを模倣して鳴くことは知られていたが、さらに、流れてきたメロディーに同調できる能力を確認。人間以外の動物では初という。関教授は、人間特有の文化的表現とされる音楽を研究する上で「比較対象となり得る動物が見つかった」としている。
 実験で、ヒナから成鳥になるまでのオカメインコ六羽に...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧