本文へ移動

中日・木下雄介投手の追悼試合でDeNA選手も『98』…発案は山崎康晃だった「人間味あるチームでありたい」

2021年9月5日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山崎康晃

山崎康晃

 練習中に倒れ、27歳で急逝した中日・木下雄介投手の追悼試合として開催された5日の中日―DeNA戦(バンテリンドームナゴヤ)では、DeNAナインも木下さんの現役時代の背番号にちなんだ「98」を帽子などに記していた。試合後に更新されたDeNAの公式ツイッターの投稿動画によると、山崎康晃投手(28)が試合前の投手ミーティングで、こう提案していた。
【写真】DeNA・ソトの帽子に「98」が…
 「話に聞いたら、木下投手は(今永)昇太の駒沢大の同級生です。僕としては人間味あるチームでありたいですし、この時代に一緒に同じ野球をやっていたこともあって、何かできないかと思います。ドラゴンズのように『98』のユニホームはできないですけど、帽子とかにマジックで『98』と書くのも人間らしくていいのかなと。ぜひやりたいと思います」
 試合ではネフタリ・ソト内野手(32)やタイラー・オースティン外野手(29)が帽子に「98」を書き込んで臨んでいる姿が映し出され、話題となっていた。フォロワーからは「山崎康晃選手、ならびにベイスターズ球団、このような粋な計らいをしていただき本当にありがとうございました。対戦相手がベイスターズで本当に良かったです」などと球団の垣根を越えて感謝の声が相次いだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ