本文へ移動

名城大エース右腕の首にライナー直撃 試合中に救急搬送【愛知大学野球】

2021年9月5日 17時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打球が体を直撃し、マウンド付近でうずくまる松本凌を心配そうに見つめる名城大ナイン

打球が体を直撃し、マウンド付近でうずくまる松本凌を心配そうに見つめる名城大ナイン

◇5日 愛知大学野球秋季リーグ第1週第2日 名城大4―3愛産大(パロマ瑞穂)
 名城大のエース右腕・松本凌人投手(2年)が負傷降板した。この日5イニング目となった8回、先頭打者のライナーが首を直撃。マウンド付近でうずくまり、試合中に救急搬送された。安江均監督によると、言葉の受け答えはできていた。春季リーグでは7試合4勝1敗、防御率1・69と圧巻の投球で、最優秀選手賞を獲得するなどチームを支えただけに状態が心配される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ