本文へ移動

釜石でのPNC・日本-フィジー戦に観客熱狂

2019年7月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本-フィジー 前半、トライを決める松島=釜石鵜住居復興スタジアムで

日本-フィジー 前半、トライを決める松島=釜石鵜住居復興スタジアムで

◇パシフィック・ネーションズ杯 日本34-21フィジー

 ラグビーW杯前哨戦のパシフィック・ネーションズ杯(PNC)は27日に開幕し、釜石鵜住居復興スタジアムで、世界ランク11位の日本は同9位のフィジーから前半で4トライを奪い、34-21で快勝した。過去の対戦成績は3勝14敗で4連敗中の難敵に8年ぶりの勝利。ジョセフヘッドコーチ就任以来、世界ランク上位に勝つのは初めて。悲願のベスト8以上を目指すW杯に向けて弾みをつけた。
 昨年8月の落成試合では6500人だった観客が、この日は1万3135人と倍増。常設の約6000席に加え、W杯用に約1万の仮設席を備えるなど、落成当時よりグレードアップしたスタジアムには、試合開始を待ち切れないかのように3時間以上前から長蛇の列ができた。
 スタジアム建設地は釜石東中と鵜住居小の跡地で、試合前の両国国歌斉唱は釜石東中の生徒たちが担当。元日本代表主将の広瀬俊朗さんらの指導も受け、フィジー国歌の練習も重ね、震災当時4歳前後だった子の歌声がスタジアムに響いた。
 試合は日本の快勝で終わり、リーチ主将は「釜石の人たちの前でいい試合をしたかった」。ただ「これがピークじゃない」とも。日本代表も、釜石のスタジアムも、ここからW杯へ向けてさらに進化、進歩する。 (大友信彦)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ