本文へ移動

「軍団や師匠を恨んでいる輩がいる」 東国原英夫、ビートたけし襲撃の犯人像を推測…逆恨み事件多く心配

2021年9月5日 11時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東国原英夫

東国原英夫

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が5日、自身のツイッターを更新。タレントで映画監督のビートたけしが4日に襲撃された事件に触れ、犯人像を推測するとともに持論を展開した。
 東国原は「本当に驚いた。先ずは師匠やスタッフに怪我とか無くて本当に良かった」と安堵。続けて「先日 TVタックルの収録の時、『軍団や師匠を恨んでいる輩がいる』と話したばかりだった」と指摘。続けて連続投稿し「勿論、その恨んでいる輩が今回の襲撃犯人かどうかは、現時点で不明であるが。最近、社会で積年の一方的な恨みを持って犯罪に及ぶ事件(硫酸事件や殺人事件)が起こっているだけに心配である」と社会的背景も言及した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ