本文へ移動

<相伝> 敦賀真鯛養殖業者 中村英樹さん・翔也さん

2021年9月5日 05時00分 (9月5日 11時47分更新)
鯛の養殖に力を注ぐ父の中村英樹さん(左)と息子の翔也さん=敦賀市沓の沖合で(蓮覚寺宏絵撮影)

鯛の養殖に力を注ぐ父の中村英樹さん(左)と息子の翔也さん=敦賀市沓の沖合で(蓮覚寺宏絵撮影)

 敦賀湾に浮かぶ六メートル四方のいけす。中にはきれいな桜色をした敦賀真鯛(まだい)が泳いでいる。二万匹を養殖する敦賀市沓(くつ)の中村英樹さん(51)は「絶対的に日本海のマダイはうまい」と胸を張る。プリッと締まった刺し身を口に運べば、程よい脂と甘み。料理人の長男翔也さん(26)もその味にほれ込んだ一人。七月に帰郷して養殖を手伝いつつ、「この味を全国に広めたい」と通販や加工販売に力を入れる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧