本文へ移動

金爆・鬼龍院翔、一般女性と結婚 公表の理由は「尻の毛の脱毛をしただけでネットニュースになってしまうので」

2021年9月5日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鬼龍院翔

鬼龍院翔

 男性4人組ビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル鬼龍院翔(37)が4日、自身のブログなどで同日一般女性と結婚したことを公表した。
 「応援してくださっている皆さまへ」と題したブログの文章は、普段の笑いを誘うネタは一切なく、ほとんどが結婚を公表した理由をつづったもの。
 「このような決断に至った理由は多々あるのですが、自分なりにたくさん悩み考え抜いて選択した決断です」と説明。「報告をせずに隠し通すという選択肢もあったのかもしれませんが、自身の尻の毛の脱毛をしたことを発信しただけでネットニュースの記事になってしまうような状態の私では入籍という出来事はいずれ必ず記事になってしまいますので、堅苦しく自分らしくない話にはなってしまいますが、このような形で報告させていただく結論に至りました」と釈明した。
 今後、この件についてあらためて触れる可能性があるケースを想定。「出産」「離婚」「家族の安全が脅かされた時」とした。「普段何でもネタにしているくせに今回に関しましては歯切れが悪いコメントになってしまいすみません」と謝罪までしている。
 バンド活動を最優先していく考えを示し「明日からも変わらず音楽と笑いを軸にしたゴールデンボンバーの活動を続けていきます」と宣言したうえでファンに今後の応援を要請し、感謝の思いをつづっている。
 ◆鬼龍院翔(きりゅういん・しょう) 1984(昭和59)年6月20日生まれ、東京都出身。2004年ゴールデンボンバー(愛称・金爆)を結成しボーカルを担当。当初は楽器を演奏していたが後にエアバンドに。シングル「女々しくて」がヒットし、12年から4年連続でNHK紅白歌合戦に出場。ソロライブやラジオのパーソナリティーを務めるなど個人としても活動。タミヤのTシャツの愛用者としても知られる。身長164センチ。血液型はB。
◇メンバーも祝福「なんともビックリ」
 ゴールデンボンバーのメンバーは4日、それぞれのSNSで鬼龍院を祝福した。
 喜矢武豊(36)はツイッターで「まさか一番しなさそうな鬼龍院さんが結婚するとはなんともビックリでございます!」とユーモラスにつぶやいた。樽美酒研二(40)はインスタグラムで、メンバーがほぼ局部だけを隠しただけの写真などを使い、おふざけ満載のコメントで祝福。歌広場淳(36)もツイッターで「これからも同じステージの下手側からずっと、あなたの歌う横顔を見て生きていきたいです」とつづった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ