本文へ移動

【福井】国指標ステージ4下回る 16日ぶり、新規感染23人 

2021年9月5日 05時00分 (9月5日 05時00分更新)
 県は四日、新たに十〜八十代の男女二十三人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県外由来は十八人だった。直近一週間の感染者数は五日連続で減少し、人口十万人当たり二十三・九人。十六日ぶりに国の最高レベルの指標「ステージ4」(二十五人)を下回った。依然として県の緊急事態宣言の水準にある。
 新規感染者のうち、坂井市の男性会社員と、愛知県、大阪府の十代学生は、学生が県内に帰省した際に三人で会食し、カラオケ店を利用していた。県は直近十日間で、私的な集まりによるバーベキューやカラオケでの感染が十例以上あると指摘。感染対策を取っているカラオケ店では、アクリル板を隔てての歌唱や、マスクの着用を求めているとして「店の注意事項に沿った利用を」と呼び掛けた。
 越前市の福井村田製作所武生事業所関連では、新たに従業員一人が陽性となり、家族らを含めた累計の感染者は百八十五人となった。休業明けの一日に出勤した後、陽性が判明した従業員一人が三日に発表されていたが、同じフロアに勤務する百二十四人は、検査の結果、陰性だった。
 坂井市の男性、あわら市の女性は同じ店舗を利用。店舗では、これまでに従業員を含め四人の感染が判...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報