本文へ移動

【FC東京】長谷川監督 プレーオフの再現誓う「自分にとっても縁起のいいスタジアム」ルヴァン杯札幌戦

2021年9月4日 19時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディエゴオリベイラに指示を送る長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

ディエゴオリベイラに指示を送る長谷川監督=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京の長谷川健太監督(55)が4日、“ホーム”に札幌を迎えるJリーグ・ルヴァン杯準々決勝第2戦(5日・レモンス)に向けたオンライン取材に応じ、プレーオフの再現を誓った。
 第1戦を1―2で落として後がないが、ここに至るまでも同じ状況だった。湘南とのプレーオフも第1戦に0―1で敗れたが、第2戦を4―1で快勝して8強へとたどり着いた。
 さらに、追い風は吹いている。東京パラリンピック開催に伴い、味スタが使用できないため、プレーオフ第2戦を戦った湘南の本拠地が再び決戦の舞台となる。また、指揮官にとっては昨年10月に自身のJ1通算200勝を飾った「自分にとっても縁起のいいスタジアム」でもある。
 前回王者として、連覇の道を閉ざすわけにはいかない。1―0でも突破は決まるが、札幌相手に「打ち合いは覚悟している」と、力を込める。逆転へ、一歩も引くつもりはない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ