本文へ移動

佐渡島初のプロ野球選手へ スカウト注目右腕 右足首も完治148キロ締め【大学野球】

2021年9月4日 17時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐渡島出身の桐蔭横浜大の菊地大稀投手

佐渡島出身の桐蔭横浜大の菊地大稀投手

 ◇4日 神奈川県大学野球秋季リーグ戦 桐蔭横浜大4―0横浜商大(横浜スタジアム)
 リーグ戦が開幕。春秋連覇がかかる桐蔭横浜大は、新潟・佐渡島育ちのプロ注目右腕、菊地大稀投手(4年・佐渡)が9回に登板、この日最速で148キロをマークした直球を軸に3人で抑えて3投手の零封リレーを締めた。
 3月に痛めた右足首も完治。高校時代にもプロ志望届を出した右腕はプロ志望を明言し「いい状態を保てている。佐渡から初めてのプロ野球選手になって、佐渡の子どもたちに夢を与えたい」と力を込めた。ロッテ、日本ハムなどのスカウトが視察。8月に部内で新型コロナのクラスターが発生して寮が閉鎖されたため佐渡市に帰省、25日に戻ってきたばかりだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ