本文へ移動

稲刈り体験 ごはん楽しみ かほく・大海小

2021年9月4日 05時00分 (9月4日 10時55分更新)
稲刈りをする大海小の児童=かほく市夏栗で

稲刈りをする大海小の児童=かほく市夏栗で

 かほく市大海小学校の五年生十九人が、学校近くの田んぼで稲刈りを体験した。五月上旬に植えたわせ品種のゆめみづほを鎌で刈り取った。学校では刈り取った稲を乾燥させ、児童らに配る。盛戸佳奈さんは「稲刈りは思ったより大変だけど、ごはんは大好きなので食べるのが楽しみ」と話していた。
 管理してきた農家の東憲治さん(同市中沼)は「良い感じに実っている。米作りを通じて、普段食べている米がこうやって作られるというのを実感してもらえれば」と話していた。(島崎勝弘)

関連キーワード

PR情報