本文へ移動

災害時、ロボットが負傷者救助へ 豊田市消防と愛工大が連携訓練

2021年9月4日 05時00分 (9月4日 11時09分更新)
ロボットが安全を確認した後、担架を運びこむ隊員=豊田市藤岡飯野町で

ロボットが安全を確認した後、担架を運びこむ隊員=豊田市藤岡飯野町で

 豊田市消防本部は三日、愛知工業大(豊田市)が開発した災害対応ロボットと救助隊の連携訓練を旧藤岡交流館(同市藤岡飯野町)で実施した。大規模地震の発生に備え、人が立ち入るのに危険な場所で負傷者を確認、救助した。 (小野開栄)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧