本文へ移動

陸上女子1500蒔田選手(愛知・豊川出身) 終盤競り合い粘って6位

2021年9月4日 05時00分 (9月4日 05時00分更新)
陸上女子1500メートルで力走する蒔田選手(右)と山本選手=国立競技場で

陸上女子1500メートルで力走する蒔田選手(右)と山本選手=国立競技場で

  • 陸上女子1500メートルで力走する蒔田選手(右)と山本選手=国立競技場で
  • ゴールし、ひざまずく蒔田選手=国立競技場で
 東京パラリンピックの陸上女子1500メートル(知的障害)が三日に東京都の国立競技場であり、豊川市の蒔田沙弥香選手(36)=パルク所属=は八人中六位で入賞を果たした。ゴール後、「(上位選手が)速くて、ついて行けなくて悔しい」と大粒の涙をこぼしたが、あこがれの舞台に立ち「とてもうれしくて、頑張った」と充実感も見せた。 (昆野夏子)
 二〇一二年ロンドン大会、一六年リオデジャネイロ大会に続く三度目のパラリンピック。スタートラインに立った時は落ち着いていたが、序盤から上位陣に差をつけられ、苦しそうな表情で追い掛けた。同じ三河勢の山本萌恵子選手(23)=岡崎市=と競る展開となり、残り200メートルで抜かれたが、すぐに抜き返し、そのまま振り切ってゴールした。
 陸上に力を入れるきっかけとなったのは小学五年の時。校内マラソンで四位に入ると、同級生からは「沙弥香ちゃんすごい!」と絶賛の声が上がった。低学年の時に会話がうまくできず、いじめられたこともあったが、走ることで自信を深めていった。
 練習を手伝ってきたのは、母とよ子さん(61)と父繁さん(57)。二人とも陸上経験はないが、「沙弥香の好きなことや、自...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧