本文へ移動

SDGsスタンプに俺はなる! LINEの企画で西尾の会社が制作、販売

2021年9月3日 05時00分 (9月3日 13時20分更新)
ワンピースのキャラクターを活用したLINEスタンプを薦める長瀬さん=西尾市道光寺町のエムアイシーグループ本社で

ワンピースのキャラクターを活用したLINEスタンプを薦める長瀬さん=西尾市道光寺町のエムアイシーグループ本社で

 西尾市道光寺町の総合印刷業「エムアイシーグループ」が、人気漫画「ワンピース」のキャラクターを使って、持続可能な開発目標(SDGs)を啓発する無料通信アプリ「LINE(ライン)」用のスタンプをつくり、販売を始めた。キャラクターを活用し、スタンプを制作するというLINEの企画に応募し実現した。「待っとりんよー!」という三河弁を添えたデザインもあり、地元色たっぷりだ。(角野峻也)
 企画を知った社員の長瀬拓也さん(30)ら五人が、市の名産や名所を紹介しつつ、SDGsをより身近に感じてもらうために応募しようと提案した。
 「貧困をなくそう」「海の豊かさを守ろう」などのSDGsが掲げる十七の目標に合わせ、主要キャラクターをデフォルメしたイラストを制作し、親しみやすい三河弁を配置した。二つの目標を一つにまとめて表現したイラストが一点あり、制作したのは全部で十六種類となる。
 SDGsの目標の一つ「人や国の不平等をなくそう」をイメージしたスタンプは、主人公ルフィらが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧