本文へ移動

福島瑞穂社民党党首が菅首相辞意を批判「あまりに無責任」「コロナ対策をせず、オリンピック・パラリンピックを強行し、感染拡大をしている」

2021年9月3日 12時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
福島瑞穂参議院議員

福島瑞穂参議院議員

 社民党党首の福島瑞穂参議院議員(65)が3日、ブログを更新。菅義偉首相(72)が自民党総裁選に出馬しない意向を表明したことに対し、「あまりに無責任」と批判した。
 福島議員は「菅総理は総裁選に不出馬」と速報し、「コロナ対策をせず、オリンピック・パラリンピックを強行し、感染拡大をしている」と指摘。「ここまで酷くして、責任をとらず、国会も開かず、放り出す」と続け、「あまりに無責任です」と断罪した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ