本文へ移動

屋外広告規制、地域性で4段階 伊那市が独自条例へ準備

2021年9月3日 05時00分 (9月3日 16時05分更新)
 伊那市は、屋外広告物の設置を規制する市独自の条例制定に向けて準備を進めている。市景観計画と連動させて第一種から第四種までの規制地域を設け、景観を重視する郊外は厳しく、市街地は活気ある街にするため適度な規制とする方針。来年の市議会三月定例会に条例案を提出する予定で、同年六月の施行を目指す。
 市の案によると、三峰川沿いの市道(通称ナイスロード)、整備中の国道153号伊那バイパス−伊駒アルプスロードなどを、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報