本文へ移動

まじめにワクチン、自粛する人が報われない… 西川貴教、異物混入ロット当たるも「打たない方が良かったじゃないかとなってほしくない」

2021年9月2日 15時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西川貴教

西川貴教

 歌手の西川貴教(50)が2日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」にリモート出演。8月21日に接種した2回目のモデルナ製新型コロナワクチンが異物混入ロットに当たっていたことを明かした。
 西川は「宝くじだったらめちゃくちゃうれしいんですけど」と苦笑いしつつ、「ビックリしました。一番上の番号でした」と振り返った。しかし発熱や体の痛みはあったものの、一部で報道されたような健康問題はなく、「副反応以外の不具合は全くないので、それによって『ほれみたことか!』と、ワクチンを打たない方が良かったじゃないかといった形になってほしくないとすごく思いました」と訴えた。
 西川は自身が故郷の滋賀県で主宰する野外ロックフェス「イナズマロックフェス2021」(18、19日)の中止を8月22日に発表。9月1日には自身の25周年ツアーの延期も発表している。
 番組では「ぶっちゃけ、このタイミングで呼ばれるなんてという気持ちでもある」と複雑な思いをのぞかせつつ、「まじめにワクチンも接種し、前向きな発言や行動を取って、自粛も含め感染症対策もしっかりやってる人たちが全く報われない状態が続いてるような気がする」としみじみ発言。異物混入を機に「これがホントに反発につながったり、変な形でワクチンに反感を持つ人が増えたりとか、変な方向に行くのが問題。報われるような形にワクチンパスポートとか推進していただきたい」と期待していた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ