本文へ移動

秋の味覚クリずらり 松阪の道の駅

2021年9月2日 05時00分 (9月2日 12時02分更新)
地元の農家の人たちが続々と持ち込み、店頭に並んだクリ=松阪市飯高町宮前のいいたかの店で

地元の農家の人たちが続々と持ち込み、店頭に並んだクリ=松阪市飯高町宮前のいいたかの店で

  • 地元の農家の人たちが続々と持ち込み、店頭に並んだクリ=松阪市飯高町宮前のいいたかの店で
  • 木になったクリの出来を見る滝本さん=松阪市飯高町作滝で
 夏の終わりを告げる「ツクツクボウシ」の鳴き声が響く森や林の山道で、自生のヤマグリがいがに覆われたまま、落ちているのが目につくようになってきた。松阪市内の各農産物直売所では、秋の味覚クリがずらりと並び始めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧