本文へ移動

井岡に判定負けロドリゲス不満タラタラ「クリーンな試合ではなかった」「ニュートラルなジャッジだったら結果違った」【ボクシング】

2021年9月1日 23時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
12回、フランシスコ・ロドリゲス(左)と打ち合う井岡一翔(代表撮影)

12回、フランシスコ・ロドリゲス(左)と打ち合う井岡一翔(代表撮影)

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトル戦が1日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・井岡一翔(かずと、32)=志成=が同級2位フランシスコ・ロドリゲス(29)=メキシコ=に判定3―0で3度目の防衛に成功した。
 判定負けに挑戦者のロドリゲスは不満たらたらで「クリーンな試合ではなかった。クリンチされ、頭を抑えられ、レフェリーは(それを止める)仕事をしなかった」とレフェリングが悪く、フェアではなかったと指摘した。
 結果についても「私のホームではないので、判定になればこういうふうになると思っていた。ニュートラルなジャッジだったら結果は違っていただろう」と、相手ホームならではの敗戦だったと言わんばかりだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ