本文へ移動

【FC東京・ルヴァン杯】またも敵地で苦杯、第2戦は勝利必須 長谷川監督「ホームでひっくり返せるように準備したい」

2021年9月2日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川健太監督

長谷川健太監督

◇1日 ルヴァン杯・準々決勝第1戦 札幌2―1FC東京(札幌厚別公園競技場)
 ホーム&アウェー方式の準々決勝第1戦が行われ、前回王者のFC東京(B組1位)はアウェーで札幌(A組2位)に1―2で敗れた。前半14分にDF渡辺剛(24)のゴールで先制したが、逆転を許した。第2戦は5日、レモンガススタジアム平塚(神奈川県平塚市)で行われる。
 またも敵地で苦杯をなめた。東京が8月14日のリーグ戦に続き、同じ相手に今季2度目の逆転負け。前半14分の渡辺剛の先制ヘッドを守り切れず、連覇に向けて厳しい状況に追い込まれた。
 先制した7分後に追いつかれ、後半35分には渡辺剛が「もったいない」と悔やむ決勝点献上。押し込まれて最終ラインが下がってできたスペースを使われ、ワンツーパスから逆転を許した。「試合展開を見れば、1―1でいい内容だった。あそこをどう守るかが大事だった」と唇をかんだ。
 アウェーゴールを奪えたことは、せめてもの救い。しかし、5日の第2戦は勝利が必須条件となった。長谷川監督は「ホームでひっくり返せるように準備したい」と5日の再戦を見据えた。
 主将のMF東は「こういう難しい状況を乗り越えないと、カップ戦のタイトルは取れない。去年も難しい試合に勝ってタイトルを勝ち取った。逆に言えばチャンス。みんなで乗り越えて次に進みたい」と力を込めた。初の連覇に向け、険しい道のりをチーム一丸で乗り越える。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ