本文へ移動

【中日2軍】ガーバー決勝タイムリー含むマルチ安打「この状態を継続していきたい」

2021年9月1日 18時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
左前適時打を放つ中日ガーバー

左前適時打を放つ中日ガーバー

◇1日 ウエスタン・リーグ 中日2―1オリックス(オセアンBS舞洲)
 マイク・ガーバー外野手(29)が1―1の8回に左前適時打で決勝点を挙げた。安打と送りバントでつくった1死二塁の好機でオリックスの左腕・海田と対戦。「プレート上に来た球をしっかり振り抜こうと思っていたんだ」。1ボールから内角寄りの直球を逆方向に打ち返し、二走・岡林をホームに迎え入れた。
 2回の第2打席でも安打を放つなどマルチ安打をマーク。「この状態を継続していきたいね」と頬を緩めた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ