本文へ移動

引っ張って切れば1回分 野洲の薬局、薬包用の薬入れ開発

2021年9月1日 05時00分 (9月1日 15時39分更新)
サンポーウェルズが開発した「お薬束」

サンポーウェルズが開発した「お薬束」

 野洲市小篠原の薬局「サンポーウェルズ」が、日常的に処方薬を飲む人向けの薬箱「お薬束(やくそく)」を開発した。それぞれの薬の袋を切らずに丸めてそのまま詰めることができ、引っ張って切るだけで使える。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧