本文へ移動

シャインマスカットを新たな特産に 道の駅・おおだいが自農園栽培

2021年9月1日 05時00分 (9月1日 13時02分更新)
道の駅で販売されるシャインマスカット=大台町の道の駅「奥伊勢おおだい」で

道の駅で販売されるシャインマスカット=大台町の道の駅「奥伊勢おおだい」で

 大台町佐原の道の駅「奥伊勢おおだい」は、町内の遊休農地で生産したシャインマスカットを九月中旬まで販売している。浜井幸太郎駅長(46)が二〇一七年から試験栽培し、昨年から販売を始めた。浜井駅長は「町内では珍しいシャインマスカット栽培を広げ、道の駅から新たな特産品を発信したい」と意気込む。(奥村友基)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧