本文へ移動

【楽天】3発で攻勢で快勝 16号決勝弾の3番島内「浅村が後ろにいてくれる」と4番脱出でイキイキ

2021年8月31日 22時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回1死、楽天・鈴木大は先制ソロを放つ

1回1死、楽天・鈴木大は先制ソロを放つ

◇31日 ソフトバンク3ー6楽天(宮崎)
 楽天が8月を3発の本塁打攻勢で締めた。初回に鈴木大の7号ソロで先制。逆転され、2点を追う4回にはカスティーヨが来日1号同点2ラン。4月23日のデビュー戦の第1打席でファウルを打った際に、左腹斜筋損傷して離脱し、復帰後も代打がメインで、この日は7月以来のスタメンだった。「久しぶりだったけど準備はできていた」と胸を張った。
 同点の5回に決勝の16号3ランを放ったのは、4番から3番になった島内宏明外野手(31)。「アサ(浅村)が後ろにいるのが心強い。自分が凡退しても何とかしてくれるという気持ちが楽にしてくれた」と嫌いな4番脱出を歓迎。9月の反攻に向け「死ぬ気で戦っていきたい」と意気込んだ。
 打順組み替えが成功した石井一久監督(47)は「カスティーヨはキーになるかと思って送り出した。島内は最高の結果を出してくれた」と連敗を3で止めご満悦だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ